聖地チベットの旅 - 金子民雄

金子民雄 聖地チベットの旅

Add: enaci86 - Date: 2020-12-06 16:48:39 - Views: 927 - Clicks: 3359

ぐるぐる王国DS ヤフー店の聖地チベットの旅 カイラス、マナサロワール紀行:ならYahoo! チベット Entries. 連合出版. 7: サッフォー : ギリシアの女流詩人: マリー・ミルズ・パトリック 著 ; 金子民雄 訳: 胡桃書房:. 『聖地チベットの旅 カイラス、マナサロワール紀行』連合出版 『ルバイヤートの謎 ペルシア詩が誘う考古の世界』集英社新書 ; 共著・編纂など. 聖地チベットの旅 西域、チベット研究の第一人者が、河口慧海チベットゆかりの地をたどる。ラサからヤムドック・ツォ、ギャンツェ、シガツェを経由し、聖山カイラスと聖湖マナサロワールへ。.

金子民雄カネコタミオ 1936年、東京生れ。日本大学商学部卒業後、中央アジア史と東南アジア史を研究。哲学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). 聖地チベットの旅 - カイラス、マナサロワール紀行 - 金子 民雄 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 聖地チベットの旅 カイラス、マナサロワ-ル紀行 金子民雄/連合出版 /09出版 319p 20cm ISBN:NDC:292. 聖地チベットの旅 : カイラスマナサロワール紀行. ボロブドールの滅んだ日 インドネシアの古代遺跡』金子史朗共著 胡桃書房 1984. 連合出版,. マカートニ夫人著 ; 金子民雄訳. 金子民雄(カネコタミオ) 1936年、東京生まれ。日本大学商学部卒業後、中央アジア史、東南アジア史の調査・研究を続ける。哲学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

11 Book スコータイ美術の旅 : タイの古代遺跡. セイチ チベット ノ タビ : カイラス マナサロワール キコウ. 『聖地チベットの旅 カイラス、マナサロワール紀行』連合出版 『ルバイヤートの謎 ペルシア詩が誘う考古の世界』集英社新書 ; 共著・編纂など 編集 『ボロブドールの滅んだ日 インドネシアの古代遺跡』金子史朗共著 胡桃書房 1984. Amazonで金子 民雄の聖地チベットの旅―カイラス、マナサロワール紀行。アマゾンならポイント還元本が多数。金子 民雄作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 聖地チベットの旅 金子民雄著 西域、チベット研究の第一人者が、河口慧海チベットゆかりの地をたどる。 ラサから南に下って、ヤムドック・ツォ湖、ギャンツェ、シガツェを経由し、遙か西方へとツアンポー川を溯る。. 金子民雄、第3巻「春秋日記」解説:金子民雄、第4巻「中国巡礼探検記録Ⅰ」解説:金子民雄、第5 巻「中国巡礼探検記録Ⅱ」解説:金子民雄、第6巻「寄稿論文など」解説:奥山直司、第7巻「能海寛. 「西域探検の世紀」 金子民雄 定価: ¥ 814 金子民雄 本 book ノンフィクション 教養 二〇世紀初めをピークに、楼蘭・敦煌などで各国の探検隊による発掘・発見が相次ぎ、世界の注目を集めていた西域は、同時に、英・露二大帝国が演じる熾烈な勢力争い「グレイト・ゲーム」の舞台でもあっ. 9: タイの黄金仏 = TAI Gold Bronze ART: 金子民雄 著: USS 展望社:.

聖地チベットの旅―カイラス、マナサロワール紀行 金子 民雄 連合出版売り上げランキング : 42971 Amazon. Amazonで金子 民雄の聖地チベットの旅―カイラス、マナサロワール紀行。アマゾンならポイント還元本が多数。金子 民雄作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 29 税込&92;2,750 取扱不可 3. 聖地チベットの旅?カイラス、マナサロワール紀行 出版社:連合出版 著者:金子 民雄 形式:単行本 発行日:-09 楽天ブックスで購入.

3: 大谷光瑞と国際政治社会 : チベット、探検隊、辛亥. 河口慧海 の名を知っている人は、現在どれくらいあるのだろうか。. 『聖地チベットの旅 - カイラス、マナサロワール紀行 』金子 民雄【著】 ¥2,700(本体¥2,500) (連合出版)(/09) ★ kinokuniya amazon bk1 『東ヒマラヤ探検史 - ナムチャバルワの麓「幻の滝」をめざして (新版) 』金子 民雄【著】 ¥2,376(本体¥2,200. 9: ページ数: 319p: 大きさ: 20cm: ISBN:: NCID: BB※クリック. 聖地チベットの旅 : カイラス、マナサロワール紀行. 金子民雄(歴史家、中央アジア研究家) 今からざっと100年前、中国西南の省・雲南で、一人の日本人僧が行方不明になりました。東本願寺系の能海寛(のうみ ゆたか)という人物です。彼は正しい仏典を日本に将来することを念じ、チベットに向かいました。.

10 別世界との出会い 3. 聖地チベットの旅: 著作者等: 金子 民雄: 書名ヨミ: セイチ チベット ノ タビ : カイラス マナサロワール キコウ: 書名別名: カイラス、マナサロワール紀行: 出版元: 連合: 刊行年月:. 金子 民雄『聖地チベットの旅―カイラス、マナサロワール紀行』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. 金子民雄著円. 聖地チベットの旅 : カイラス、マナサロワール紀行 金子民雄 著. 森瀧市郎追悼集刊行委員会 、 大江健三郎 伊藤満 安倍一成 岩松繁俊 坂本国明 船田民雄 金子一夫 松岡敬八 李実根 鶴叙 廣野房一 関山城子 田村順美江 他 | 1995/1/1.

『聖地チベットの旅ーカイラス、マナサロワール紀行』(連合出版)、『ヤングハズバンド伝 激動の中央アジアを駆け抜けた探検家』(白水社)、訳書『チベット遠征(ヘディン著)』『ヘディン交遊録ー探検家の生涯における17人』(中公文庫biblio. 河口 聖地チベットの旅 - 金子民雄 慧海, 金子 民雄 チベット旅行記 抄. (11/27時点 - 商品価格ナビ)【製品詳細:書名カナ:セイチ チベット ノ タビ カイラス マナサロワール キコウ|著者名:金子民雄|著者名カナ:カネコ,タミオ|発行者:連合出版|発行者カナ:レンゴウシユツパン|ページ数:319p|サイズ:20】.

金子, 民雄(1936-). 聖地チベットの旅: 金子民雄 著: 連合:. /01/10 オロ ; /01/02 聖地チベットの旅 ; /12/17 こころを学ぶ ; /12/03 ぶらりあるきチベット紀行 ; /11/26 ラサ憧憬 ; /11/17 チベット人の中で ; /11/09 チベットの秘密 ; /09/10 旅とチベットと僕 ; /08/28 東ヒマラヤ探検史. チベットの民話 / W・F・オコナー編 ; 金子民雄訳.

金子民雄(かねこ たみお、1936年5月20日1- )は、日本の歴史学者。地震学者・サイエンスライターの金子史朗は兄。目次1. 『聖地チベットの旅 カイラス、マナサロワール紀行』連合出版 『ルバイヤートの謎 ペルシア詩が誘う考古の世界』集英社新書 ; 共著・編纂など 『ボロブドールの滅んだ日 インドネシアの古代遺跡』金子史朗共著 胡桃書房 1984.

聖地チベットの旅 - 金子民雄

email: irukaryt@gmail.com - phone:(615) 439-6411 x 9846

光の中に - 金史良 -

-> ホーリー・ヒマラヤ - 伊藤健司
-> ライオン・キング - 森はるな

聖地チベットの旅 - 金子民雄 - 大津留厚 捕虜が働くとき レクチャー第一次世界大戦を考える


Sitemap 1

民法 - 伊藤真 - 心くばりで最強の人脈づくり 林田正光